芥川龍之介・県庁の星・ビートルズ

フラ~っと100円SHOP(実際には105円SHOPだが)に入ってウロウロしてたら、本を置いてるコーナーを発見。
どれどれ、と眺めてたら文学作品の文庫があった。
芥川龍之介やら夏目漱石やら太宰治等の著名な作品がズラリ。
これ、100円!?(ていうか105円??)
ほんまに!?
僕は恐る恐る芥川龍之介の「河童」や「鼻」など短編6篇を収めた文庫を手にレジへと向かう。

買ってしまった。
ほんとに105円だった。
マジ~、芥川龍之介やでー。
古い作品なので著作権が切れてるから安いのだろうか。
とにかく近代日本文学の名作が105円。
これは凄い。
芥川龍之介は「羅生門」と「蜘蛛の糸」しか読んだ事ないけど、これを気に読破してみようかな。
だって105円やで。
まぁ、今日買ったのが面白かったらだけど。
でもほんと驚きだ。
いいのか、こんな値段で。


ところで、昨日、織田裕ニと柴咲コウ出演の映画『県庁の星』のDVDを借りてきて観た。
なかなか面白かった。

県庁の星 スタンダード・エディション県庁の星 スタンダード・エディション
織田裕二 桂望実 西谷弘

東宝 2006-10-27
売り上げランキング : 383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


僕は織田裕二の出てる映画やドラマが結構好きだ。
それは彼の画面から伝わってくる熱がいい意味で分りやすいからだ。
まぁ僕の感性が大衆的だということなんだけど、

大衆的で何が悪い!

僕は自分のこの大衆的な感性が好きである。

大衆的か否か、ということは本質とは関係ない。
大衆的なものの中にも、優れたものとそうでないものがある。
ただ、ほとんどの場合、優れたものは大衆的だと僕は思う。
つまり、いい音楽は総じてポップであるということだ(急に音楽に飛ぶ、何故ならここは音楽ブログ)。
いいワインは飲みやすい、ということと同じである。
そういう風に出来ているのだ。
これは真理である。


なんか調子に乗って適当なことを書いてるのだが、実は。。


パソコンで文章を書くと、流れで書いてしまうことがある。
手書きとパソコンでは文章が変わるというが、そのとおりだ。
パソコンで書くときは、頭の中で整理することなくどんどんと次に進んでいってしまう。
感性とキーボードが直結してる感じだ。
手書きの場合だと、感性をいったん整理してから文字に書くという作業になる。
何故このような違いが出るかは分らないけど。


さて、優れたもの=大衆的、の代表といえるビートルズの新作が出た。
新作といっても、メンバーの2人はもうこの世にはいない。
だから新曲が聴けるというわけではもちろんない。

LOVE (通常盤)LOVE (通常盤)
ザ・ビートルズ

東芝EMI 2006-11-20
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まだ買っていないのでよく分らないけど、色んな情報から推測するに、リミックスアルバムみたいな内容じゃないだろうか、これは。
明日買って聴いてみるので、また後日記事にしようと思っている。
でも、ほんとはそんなの買う前にビートルズのオリジナル・アルバムを一枚でも多く買って聴く方が正解なんだろうけどとは思う(僕が持ってるオリジナルは3枚)。
でもビートルズは105円では買えないから、それならと、ついつい新作(?)の方に手が伸びてしまう。
レコード会社の戦略通りだ、僕はいつも。

105円は安すぎるけど、ビートルズのアルバムなんか1000円でいいのに。
もう充分儲けただろうポール!
そして、ヨーコ!

もちろんその素晴らしい音楽の価値が1000円かっていったら、全然そんなことはない。
当然プライスレスだ。
1000円でビートルズが聴けるなんて、恐れ多い。
でも優れた音楽は多くの人に聴かれるべきだし、それに繰り返しになるが

もう充分儲けただろう!!


でもやっぱり、ビートルズが(ストーンズもだが)105円になったら、それはちょっと嫌だ。



さぁ、「河童」読もっ。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

V.J.
2006年11月21日 01:11
名盤ちゃん。
ビーの新譜は新譜と思って聴くと肩透かしを食いますぜ。
実は、発売前に全曲聴いてしまったのですが、やっぱ、サウンドトラックの域は出て居ないかと。。。

なら、オリジナルを!ってのは正解♪
だと思うんだけど、今のビーのCDこそ、冒涜だ!って位、音悪いからなぁ~
ま、ビーなんてもんは、音質の良し悪しなんかと対極にいると思いますが。AMラジオで聴いてもグッと来る。てな感じなんだろうから、音質の悪さなんて我慢しろ!!って事かもしれません…でも、やっぱ、今のCDは冒涜以外の何もでもナイ気がします。
ここは、その金で、スタバへGo!するのが健全かと(笑)
ジョージ―ポージー
2006年11月21日 02:01
>ほとんどの場合、優れたものは大衆的だと僕は思う。
つまり、いい音楽は総じてポップであるということだ

同感です。

>パソコンで書くときは、頭の中で整理することなくどんどんと次に進んでいってしまう。
感性とキーボードが直結してる感じだ。

これまた同感。やっぱり名盤!さん、文章書くのお上手ですね。

まり
2006年11月21日 18:40
和登さん→まり、ブログトップも『こんな風に過ぎて行くのなら』にネーム替しました(^O^)/一年が過ぎてだらだら恋愛かくのも、いかがなものかと・・・本や映画も書いてみようかと。ビートルズ、ウチも少ないんですよ。
2006年11月22日 00:52
>V.J.さん

ビートルズ買ってから、スタバにGOしました。
2006年11月22日 00:54
>ジョージーポージーさん

絶対に僕の文章は上手くないですが、ほめられると嬉しいのでどんどんほめてください。
2006年11月22日 00:56
>まりさん

『こんな風に過ぎて行くのなら』、ってなんか意味深ですね。
これはネガティヴなのかポジティヴなのかどちらの意味なんでしょう?
2006年11月24日 22:59
>この大衆的な感性が好きである
わたしも、大衆が大好きなところでありいごこちのよいところだと正直おもっています。氷上のつるつるの美しさ、爽やかさというのも存在するけれど、それは、感動のポイントがまた、違うような気がします。深く情景や感動が残らない、残るの違いかもしれないです。うまくいえませんが。。。先輩、河童どうでしたか?河童って肺呼吸?えら呼吸なんかな?(-^)?
2006年11月24日 23:35
>庶民的さん

河童まだ読んでないです。
眠くて読書が進みません。

この記事へのトラックバック