音楽 ~BGMはドラゴンアッシュ

今日は仕事行きたくないな~、と思いながら職場の前でウイダー・イン・ゼリーを食べてたら、目の前にこれから行楽地へ行くであろう親子連れ。
幼稚園か小学1年生ぐらいの女の子が自分のかぶってた帽子を地面に叩きつけ、ぐずって泣いている。
そしたらお父さんが、その帽子を拾いあげ、チャーミングに自分で帽子をかぶってひょうきんに逃げて行った。
すると女の子の涙でぬれた顔が突如としてほころび、彼女はお父さんの方に駆け出していった。
その時の女の子の表情がとても僕の胸を打ち、何故だか仕事行くのやめよと本気で思った。
一瞬だけど。

すぐさま平静に戻り、仕事には行ったのだが。

なんで女の子の表情と、仕事行かないでおこう、という気持ちがリンクするのか分らないけど、一瞬だが、本気で行かないでおこうと思った。
なにかのスイッチが入ったのだ、すぐに切れたけど。

このように、ちょっとしたことでスイッチが入り、何の前触れもなく感情が大きく変化することがたまにある。
そのきっかけは音楽であることが多い。
CDを聴いてるときや、ライヴに行ってる時がほとんどだが、一度クラブで踊ってる時にスイッチが入っちゃって、泣きながら踊ったことがある。
クラブで泣きながら踊ったのは、後にも先にもその一回だけだ。
それはもう随分前のこと。
まだ20世紀だった頃だと思う。
場所は梅田のカーマというクラブ。
その日はイベントで、ゲストDJの一人がロッキングオンの山崎洋一郎だった。
山崎洋一郎はレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやピストルズなど洋楽ロックを回していた。
僕は気持ちよく踊っていた。
そして何曲目かの時に、突然邦楽をプレイした。
ドラゴン・アッシュの「Let yourself go, Let myself go」だった。

涙は突然流れ出てきた。
そして、僕は涙を流しながら踊り続けた。
涙はその曲が流れてる間止まらなかった。
止める気もなかった。
何故ならその涙はとても気持ちのいいものだったからである。

音楽というものは、突然人の感情を激しく揺さぶる。

僕がこれまで観た中で最も感動したライヴは、ブルース・スプリングスティーンの初来日公演であるが、そのライヴの最後スプリングスティーンはステージで

「アイム・ジャスト・プリズナー・オブ・ロックンロール!」

と叫んだ。

その言葉の意味は、僕にも痛いほど分る。

僕も同じように音楽に囚われた人間。
メロディやリズムなど、音によって感情を大きく変化されてしまう困った人種であるから。

冷静に考えると、そんなものに左右される自分が恐ろしい。

だのに音楽に加え、子供の笑顔にまで左右されるようになったら大変だ。
まともな社会生活が送れない。

でもね、僕は思う。
音で感情が突然変化するような人間に、まともな社会生活が送れるはずはないのだよ、本当は。

無理しちゃいけないかもしれない。


昨日、大阪泉大津で行われたRUSH BALL 06 に行ったであろう若者が持ってたドラゴン・アッシュのロゴが入ったうちわを見て、そんなことを思った。

行くあても無く漂うのではなく 見据えた夢目指して舵をとる
かすかでも確実に前進 大切なのは前に出る姿勢
恐れからくる一歩の遅れ それがもたらす致命的なLoss
悩む前に身体で反応 勇気あるものが持ちうる本能

駆け抜けろ時代を 未来へと進め 空気を吸って
振りほどけ恐れを 大地を踏みしめ歩き出そう


「Let yourself go, Let myself go」  作詞:降谷建志



今聴くと、耳が痛いなこの歌は。。



Viva La RevolutionViva La Revolution
Dragon Ash 降谷建志


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



THE”LIVE”1975-1985(紙ジャケット仕様)THE”LIVE”1975-1985(紙ジャケット仕様)
ブルース・スプリングスティーン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆみ
2006年08月29日 16:38
音楽の感動が琴線に触
れることはあります。
みんなここにそうなん
ではないでしょうか?
>音楽に囚われた人間
私にはすごく魅力的な
響きです。何かに囚わ
れた人間なんてそうは
いませんから。
今まで、社会性を念頭
において自分を縛って
生きてきたので経験か
らいえば、そんなんこ
そ○そで、Rossです。
爆笑。失礼。
でも100人100
様で愛の形は色々ある
と。。愛だけは大切に
しておきたいものです。
ほっとするなにかだけ
は。。
ゆみ
2006年08月29日 16:58
PS
そのアッシュのジャケットは
『民衆を導く自由の女神』
1830年ルーヴル美術館所蔵
のアレンジ模写ですね。うふふ。
2006年08月30日 00:09
痛いです。

グサグサ突き刺さります。


たまーに、本当にたまに音楽に興味がなかったり創作意欲みたいなものがないと楽だろうなぁ、と思ったりします。


無理だけど。
2006年08月30日 00:24
音楽でダダ泣き……、わたしもしょっちゅうです。
今までで一等強烈だったのは『リリィ』と『シャロン』ですね。
純然たる幸福の瞬間だったと思います。
2006年08月31日 01:38
>ゆみさん

何かに囚われてしまうと、結構不自由なことがありますよ。
2006年08月31日 01:40
>trampさん

創作意欲はあったほうがいいですよ、絶対。
僕は最近全くないですが。。
2006年08月31日 01:41
>江藤イズルさん

「シャロン」は僕も大好きです。
泣けますよね。
名曲だと思います。
ゆみ
2006年08月31日 16:18
こんにちは名盤さん。
>結構不自由

人の尺度はむずかしいけど
囚われて得るものが大きか
ったり、魅力的だったりす
ると葛藤するのでしょうね。
楽しむ余裕をもち生きてけ
るといいですね。様々に。
となりの芝生は青いもの。。
ふぁいと。(^^)★
親とずっと一緒で不滅なのは
キタロウだけですから。うふ。
2006年09月02日 19:36
>ゆみさん

なるほど。

この記事へのトラックバック

  • 降谷建志プロフィール

    Excerpt: COOTIEはドラゴンアッシュの降谷建志が愛用していたことで有名ですね。今日はドラゴンアッシュの降谷建志さんのプロフィールをご紹介しますね。降谷 建志本名は 古谷 建志 1979年2月9日生まれ東京都.. Weblog: COOTIE通販攻略日記 racked: 2007-06-07 20:24