妄想脳内バカンス ~『ライ麦畑でつかまて』と『オロロ畑でつかまえて』

暑い夏貧乏な僕にできることは、クーラーを聴かせた部屋で氷をカランカラン鳴らしながら冷たい紅茶を飲みつつひっそり行う脳内バカンス。


場所は南の島。
徹底したホスピタリティをゲストに提供するべく、バカンス時期の今日も限られた宿泊客しかいない。
欧米の白人率が低いこのホテルは、アジアの人たちに大きな人気をよんでいる。
たとえ一流ホテルといわれるところでも、時には差別的な待遇を受ける時があるからだ(これは、被害妄想なのかもしれないが)。
僕は空港の書店で買ってきた荻原浩の『オロロ畑でつかまえて』を手に、のんびりプールサイドに寝そべっていた。
こんなところで読むにはあまりふさわしくない、実に日本の日常をバックグラウンドにした小説。
しかし、面白いのだよこれが。
時に声を出して笑いそうになるのをこらえて読んでいる。
とにかく笑える、面白い。
僕は荻原浩のユーモアのセンスがとても好きだ。

僕はバカンスを感じさせるビールを飲みほすと(美味いが、南の島のビールはどれも味に濃くがない)、汗をかいた身体をプールに沈めた。
冷たい水はたまらなく気持ちいい。
しばらく泳いでから、またプールサイドに寝そべる。
何気に視線を左に向けると、長い黒髪の女性が美しい肢体を太陽に照らしながら寝そべっているのが見えた。
日本人か?
アジア人であることは間違いない。
日本語は喋れるのか?
なにより、彼女はここに誰と来ている??
僕は新しく頼んだビールを飲みながら、『オロロ畑でつかまて』の続きを読んだ。

うぅっ、笑える。

誰かが水に飛び込む音が聴こえた。
その音は、水泳選手のそれのように美しかった。
どうやら先程の彼女のようだ。
泳ぎが上手い。
まるで、昔よく読んだ片岡義男の小説によく出てくるタイプの女性だな、と思いながら僕は彼女を目で追った。
彼女のいた場所の机の上に読みかけの本が置かれていた。
僕は何を読んでるのか気になったので、トイレにたち彼女が読んでいた本を確認した。
本の表紙には『The Catcher in ihe Rye』と書かれていた。
ペーパーバックだっと。
日本人じゃないのか。。
ちゅうか、大人になって読む本か、これ。
本によっては、読む時期がとても重要なものもあるのだ。

トイレから戻ってきたとき、ちょうど彼女もプールから出てきた。
濃いブルーのシンプルな水着をまとった美しい身体。
僕の脳は素早く167・56・83・58・85という数字をはじき出す。
年の頃は、25~27といった感じか。
すれ違いざま、僕は彼女が股間あたりの水着のたるみを細く長い指で直しているのを見逃さなかった。
股間から、閉じ込められていたプールの水が一筋美しい足をつたい流れるのも、もちろんしっかりと見た。
彼女は素敵だ。


              
                       続くかも・・・・




『The Catcher in ihe Rye』は、言わずと知れたサリンジャーの青春文学であり、歴史的傑作と評されている。
原題を直訳すると“ライ麦畑の捕まえ人”となるはずだが、邦題はご存知『ライ麦畑でつかまえて』である。
この邦題は正解だと思う。
捕まえて、の方が主人公やこの本を好んでいる人のイメージに合うと思うからだ。
捕まえて欲しいのである、僕たちは。
捕まえて欲しいからこそ、色々と試行錯誤を繰り返すのだ。

『オロロ畑でつかまえて』の主人公は妻の方に娘を残すことになった30代の離婚経験者である。
彼が『ライ麦畑をつかまえて』を読んだかどうかは分らないが、少年もいつしか30代になり、自分と周りになんとか折り合いをつけながら生きていくのである。


僕は30代になったホールデンの話しを読んでみたい。

ライ麦畑でつかまえてライ麦畑でつかまえて
J.D.サリンジャー 野崎 孝


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

村上春樹:訳 はコチラ

原書(英語版)はコチラ


オロロ畑でつかまえてオロロ畑でつかまえて
荻原 浩


Amazonで詳しく見る
by G-Tools








ANAの旅行総合サイト【ATOUR】エーツアー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月01日 23:26
(^^*)
私も、先日「オロロ畑でつかまえて」を
読み終えたところです。
ほのぼのとして、笑えて楽しかったです。

2006年08月01日 23:32
>ことのさん

僕はこんな小説が大好きです。
読みようによっては色んなものが詰まってるし、なにより楽しく笑えますからね。

この記事へのトラックバック

  • エステに行く必要のなくなる脚やせ法

    Excerpt: TB失礼します。美しい足になりたい方へ。これからの季節は、肌の露出が多くなり、何かと脚が気になりますよね。で、探してみましたら、脚やせ情報、ありました!ダイエットと脚やせは、別ものだったんですね!いく.. Weblog: お役立ち生活情報 racked: 2007-04-07 02:08