ブルース・スプリングスティーン『ザ・リバー』

GWで世間は大騒ぎ。
でも仕方が無い。
まとまった休みはそう簡単に取れないんだから。
GWでも休みが取れない人なんて山ほどいる。
もっと休ませろよな。
働くことが人生の全てじゃないのに、そうせざるえないなんて・・・・
有給休暇なんて、みんなちゃんと取れてるんだろうか。
好きな仕事に就けてるならまだいいが、そんな人は一握り。
仕事って何だ、一体!?


なんて、生活臭のある問いかけに続いては、生活臭のある歌が得意のブルース・スプリングスティーンについて。

もうすぐ新作が出るブルース・スプリングスティーンだが、僕が初めて聴いた彼のアルバムは『ザ・リバー』。
中学生の頃だった。
ロックンロールと内省的なバラードに二極化された全20曲の2枚組アルバム。
僕が最初に惹かれたのはロックンロール・ナンバーだった。
いかにもアメリカのロックンロール!な数々のナンバーに胸躍らされた。
バラードは、とても重く暗く感じ、それほど好きにはなれなかった。
アルバム・タイトル曲の「ザ・リバー」は人気曲のようだったが、それほどの曲とは思えなかった。
そんなある日、当時洋楽ファンには欠かせないテレビ番組ベストヒットUSAで「ザ・リバー」が流れた。
ライヴ映像だった。
映像には歌詞(もちろん訳詩)のテロップが付いていた。
それを観た時、初めて「ザ・リバー」の良さが分った。
俺とメアリーが初めて会ったのは高校時代のこと 彼女はまだ17だった
二人で谷をぬけ出し 緑の野原へドライブに行ったものだ
川のところまで行き 川に飛び込み泳いだものだ

大切だと思われた全てのものが みんな空しく消えてしまったみたい
俺は何も覚えていないという振りをし メアリーは少しも気にしてないという振りをする

叶えられない夢は偽りなのか あるいはもっと悪いものなのか
俺を川まで行かせるほどに 川は干上がっていると知っていながら

  「ザ・リバー」  作詞:ブルース・スプリングスティーン

最近の、何でもかんでもテロップが付くテレビには辟易するが(脳が退化するぞ、あんなテレビばかり観てたら)、歌詞を理解しながら聴いてこそ理解できる音楽は多々あるので、そういうのは大歓迎だ。
それからは他のバラード曲も好きになった。
夢多き中学生には不幸すぎるバラードがほとんどだが、それでもなんとなく感じるものがあったのだ。
そして今は、そんなバラードが痛いほど分る。
アメリカの不幸な人たちの物語を、リアルに感じてしまう昨今だ。
それでも、ロックンロール・ナンバーの数々は、夢多き中学生の時と変わらず、今も僕の胸を躍らせてくれる。


ザ・リバー(紙ジャケット仕様)ザ・リバー(紙ジャケット仕様)
ブルース・スプリングスティーン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月05日 02:38
名盤!さん、テストに
トラッシュバックしてみましたが、
ここに私の記事がはいってしまって。。
これで完成ということですか???
(意味がわかってない、、)(^^;)

>まとまった休みはそう簡単に
取れないんだから
 
 私は面接まちで、結局どこに
 いっても一杯みたいだから
 家で日本人のロックンロールで
 オフロ、ダンス、ご馳走を。
 Love & peace.

> 中学生の時と変わらず、
今も僕の胸を躍らせてくれる
  
  素敵ですね、ほんまに。
  ずっと10代の心でいれる
  ようにありたいです。キラキラ★

名盤さんもオフロでリラックス
してくださいね。おやすみなさい。  
和登さん
2006年05月05日 18:36
横浜で貯金して、交流戦で 波にのりたいですね!! スプリングティーン「リバー」名盤さんに スイッチをおしてもらったので 今夜は
聴いてみます。今日は 勝ちそうですよ。
和登さん
2006年05月05日 21:52
信じられないことに あれだけリードしてたのに 桟原打たれ、金沢ツーランホームランうたれ13-11に。岡田監督も甘すぎるわ!!土下座させなあきまへんなあ(;一_一)
ゆみ
2006年05月06日 01:29
ほんまに、岡田監督ーー!!
って感じでした。しゅん。。
2006年05月06日 01:35
>ゆみさん

トラックバックは出来てますよ。

>結局どこに
 いっても一杯みたいだから

地味なところだと案外そうでないところもありますよ。
有名な施設や、繁華街はダメだけど。
2006年05月06日 01:38
>和登さん

まぁ勝ったから、よしとしましょう。
しかし金本、この調子なら連続出場は諦めないといけないのでは、と思います。
まともにバットが振れていません。
残念ですが、しばらく4番は濱中で、レフトは桧山がいいのではないでしょうか。。
2006年05月06日 03:14
>トラックバックは出来てますよ。
これでいいんですか、そうなんや。。
ありがとうございますワーイ★
これで、全部できたことになる
はずです、、たぶん、やったあ★

>地味なところだと
 !!図書館や!学校終えたら
 行かなくなってたわ。。
 ありがとうございます。
 教室の準備に本読んでいるの
 で、、。それから、すいませ
 ん、疲れさせて、m(--)m。

>4番は濱中で、レフトは桧山
 φ(・_・")メモメモ。球場にいってみたく
 なりました。
  
2006年05月06日 22:26
このアルバムから説教臭いものを感じて聴かなくなったぷくちゃんです・・・

でもKTダンスール良かったし、名盤!ちゃんも推薦しているから紙ジャケで買ってみます。
2006年05月06日 23:08
>ゆみさん

>球場にいってみたくなりました。

そうですね、この季節は特に行きたくなりますね。


2006年05月06日 23:11
>ぷくちゃんさん

>教臭いものを感じて

そうですか、僕は彼の音楽からはそう感じたことはないですね。
物語になってるじゃないですか、彼の詩は。
だから映画ぽい感じがします。
クリントイーストウッドの世界に近いような気がするんですが、どうでしょうか?
2006年05月07日 13:41
クリトイーストウッドは好きです。
エネルギッシュで政治家にも進出
正義をかんじます。
さらに。ゆみ
2006年05月07日 13:45
S.Tさんの今回の曲は
そだった音楽環境とそれを愛する
彼の心があるみたいです、のびのび
しているみたい。
2006年05月07日 17:12
>ゆみさん

政治家クリント・イーストウッドにはあまり興味ないですね~。
ゆみ
2006年05月07日 19:29
>興味ないですね
映画は何がすきですか?
2006年05月08日 22:00
>ゆみさん

クリントイーストウッドなら『許されざる者』かな。
2006年05月09日 21:25
>『許されざる者』
かっこいいですよね、年令相応に
作品をつくっていくところが。
ジーンハックマン、、ポセイドン
アドベンチャーの牧師の時の
イメージが抜けません。笑。
2006年05月10日 01:46
>ゆみさん

ポセイドンアドベンチャーは子供の頃テレビで観たような記憶があるのですが、内容が思い出せません。。
ゆみ
2006年05月17日 02:47
>ポセイドンアドベンチャー
たいした映画ではないので
気にしないでください。
2006年05月18日 00:34
>ゆみさん

わかりました。

この記事へのトラックバック