ブルース・スプリングスティーン『明日なき暴走~30th Annibersary Edition』

画像時と場合によって、自分に都合よくものの見方を変える人が嫌いだ。
ものの見方は人によって違う。
一つの事柄でも、どの立場にたってものを見るかで、いろんなことが違ってくる。
それは仕方がないことだ。
ただ、その立ち位置は常に一定にしていてほしい。
転向するのならいいが、カメレオンのごとく周りに上手く適応してその都度立ち位置を変える奴は嫌だ。
もちろん、常に自分が正しいと思う意見を言えたり、常に自分が正しいと思える行動が取れる人は僕を含めほとんどいないと思う。
しかし、時と場合によって自分に都合よくものの見方を変える人を、憎み軽蔑する想いは持ち続けたい。
ブルース・スプリングスティーンの音楽は、そんな想いを強く肯定してくれる気がする。


僕が最も愛するアルバムである、1975年に発売されたブルース・スプリングスティーンの『明日なき暴走』は、多くのロックファンも認めるロック史上に残る大傑作である。
そのアルバムの発売30周年記念として発売された、このCD+2DVDの3枚組BOXセットをやっと手に入れた。
これが凄くいい。

デジタル・リマスター化されたCDもさることながら、このBOXセットのキモは、2枚のDVDだ。
一枚は、1975年11月のロンドンでのフルライヴ映像2時間10分。
85年の初来日時のマッチョな身体とは違う、細く華奢なスプリングスティーン。
当時26歳。
確かに、これはロックンロールの未来である。
ボブ・クリアマウンテン(彼の最大の功績はストーンズの『刺青の男』だが。「スタート・ミー・アップ」における、イントロのキースのギターリフと、1発目のスネアの音は本当に最高だ)のリミックスによる音も非常にいい。

そしてもう一枚は、スプリングスティーン本人やバンド・メンバーなどが、『明日なき暴走』の完成に至る様子を詳細に語る約90分のドキュメンタリー。
当時のレコーディング時の映像や制作過程のレア音源などがたくさん登場する。
ピアノやギターを弾きながら、本人が行う楽曲解説や、ジョン・ランダウと音源を聴きながら制作秘話を語るシーンなどは、ファンにとっては最高に楽しめるはずだ。
僕は、ちょっと感動的な気分にもなった。
このドキュメンタリーを観て分ったことだが、スプリングスティーンは非常に完璧主義者であるということ。
試行錯誤を繰り返し、何度も重ねられていくアレンジ。
ヘッドアレンジだけして、後はスタジオで一斉に音を出し、バンドで決めていくのだろうと、僕は勝手に思っていた。
それゆえに、とても意外だった。
ピアノのフレーズはロイ・ビタンが考えてると思ってたが、これも違った。
『明日なき暴走』収録曲のほとんどは、ピアノで作曲されたというのにも驚いた。
「ジャングルランド」のセンチメンタルなサックスソロも、スプリングスティーンが一音一音組み立て完成させたらしい。
バンドメンバーは、当時のレコーディングを振り返り、楽しくなかった、と言う。


『明日なき暴走』のレコードは持っていて昔はよく聴いたけど、最近は・・・・
という人はぜひこの機会に。
限定盤のようです。

それにしても、このアルバムのジャケットは、作品の内容同様に最高だ。
ジャケットに写るテレキャスターの美しさは、世界一美しい女性の身体よりも間違いなくセクシーである!


明日なき暴走 -30th Anniversary Edition明日なき暴走 -30th Anniversary Edition
ブルース・スプリングスティーン

Sony Music Direct 2005-11-23
売り上げランキング : 70117

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Born to RunBorn to Run
Bruce Springsteen

Columbia 2010-06-29
売り上げランキング : 107883

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

野犬
2006年01月14日 17:57
90分のドキュメンタリー"Wings For Wheels: The Making of Born To Run"を見て、涙がでました。そして、忘れていたものを思い出させてくれました。「Born To Run」なんですよね!!
(意味わかってもらえますか?)
夢と希望、まだまだ未来はあるような気にさせてくれたました。
2006年01月14日 18:59
>野犬さん

生きている限り、未来はあると思っています。
僕だって、まだまだ夢と希望を捨てていません。
捨てれたら、音楽なんて聴かないようになると思います。
2006年01月14日 19:14
昨夜、出張からの帰り、近くの本屋さんにふらりと立ち寄った際、
雑誌「大人のロック」を立ち読み、
ブルース・スプリングスティーン
特集記事があり、あの学生時代の衝動が蘇ってきました。
50歳のオヤジですが、夢と希望は捨てちゃいません。
そう思って、今、ブルース・スプリングスティーン、聞いてます。

2006年01月14日 20:10
>空を飛べないdanboさん

ミックとキースはもう60歳をすぎ、石原慎太郎(特に支持してるわけではないです)は70歳を過ぎてますが、とてもエネルギッシュです。
あやかりたいものです。

ロックンロール!!
2006年01月15日 20:01
待っていました!この記事。想像力貧困な私はこのDVDを見て、よりこのアルバムの偉大さを実感しました。正直いいますとこの次のアルバムが一番好きなのですが・・・・(爆)
2006年01月15日 21:32
>ぷくちゃんさん

次のアルバムも大好きです。
特に好きなのは「バッドランド」と「レーシング・イン・ザ・ストリート」です。
2006年01月19日 20:59
はじめまして。
このアニバーサリーエディションはほんとに買って良かったです。
大満足です。
2006年01月19日 23:44
>フォトデリック2号さん

どうも、はじめまして。

>大満足です。

そうですよね。
僕も、たまらなく大満足です。
多くのロックファンの人に、観て・聴いてもらいたいと思います。
2012年03月04日 20:23
ボス大好きです
アルバムほとんど持ってます
特に好きなのはMagicとNebraskaです
あとはBorn to Run,Born In the USA,The Rising,Tunnel of Loveです
出会った当時は最高峰のシンガーと出会えた!と歓喜したものです
2012年03月04日 21:45
>akakadさん

僕もアルバム初期の2枚以外は全部持ってます。
これまで観た中で、最も最高だったのがスプリングスティーンのライヴでした。
踊りながら泣いてしまった。。

この記事へのトラックバック

  • テレビ・メディア

    Excerpt: 名盤!様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。 Weblog: blolog〔ポジティブレビュー〕 racked: 2006-01-13 21:46
  • 明日なき暴走 -30th Anniversary Edition / ブルース・スプリングスティーン

    Excerpt:  あー酔っ払って買ってしまった。もうCDは買わない!と決めていたのに・・・まあ Weblog: eclipse的な独り言 racked: 2006-01-14 05:02
  • 綾香

    Excerpt: 足跡残しです^^私もブログ始めたので見てください^^ Weblog: 綾香の親には見せれない赤裸々日記w racked: 2006-01-14 05:52
  • あぁ・・・何て、あの人って素敵なんだろう・・・1/14追記。

    Excerpt: 『愛してる!』なんて伝えてない。でも、俺 Weblog: あっ!tatsubo-の感じた事 racked: 2006-01-14 11:37
  • 明日なき暴走 -30th Anniversary Edition / ブルース・スプリングスティーン

    Excerpt:  あー酔っ払って買ってしまった。もうCDは買わない!と決めていたのに・・・まあ Weblog: eclipse的な独り言 racked: 2006-05-21 16:00
  • ブルース・スプリングスティーン

    Excerpt: ブルース・スプリンググスティーンの最近出たライブアルバム。 「HAMMERSMITH ODEON,LONDON'75」 ライブは75年と昔に録音されたもの。 て、まだ僕が生まれる前だ!! 70年代の.. Weblog: BARBON STREET racked: 2006-06-18 08:49
  • SONOR―スネアドラム|ドラム&ピアノ練習日記

    Excerpt: 写真は、カムカム所有のマイスネアです。SONORのD-516pa。フォニックシリーズという最も古くから販売されているモデルで、とても人気のあるモデルです。いわゆるお宝級モデルなので、これからも長く付き.. Weblog: ブログでアフィリエイト@特進どっとこむこむ racked: 2007-08-31 20:49