一度好きになってしまうと・・・

今日もスタバで、お気に入りの女性スタッフ(矢田亜希子の妹風な)を発見。
しかも、久々にレジでの応対。
いつもながらの素敵な笑顔に感激。
その極上の営業スマイルを、今日も何十人もの男どもに投げかけたかと思うと、こみ上げてくるジェラシーにも似た言葉に表せない感情・・・。
いつものようにカフェモカを飲みながら、何度も彼女をチラ見する。
気付かれないように、しかしちょっと気付いて的な視線で。
あ~ぁ、この気持ちどうすれば・・・


さて今日のお題は一度好きになってしまうと・・・

いつもお邪魔しているぷくちゃん運営の人気ブログ(?)で好評開催中の別れられない女、別れてしまった女 アンケートに僕も参加したのだが、最初の設問には解答なしとした。
何故なら、僕はいったん好きになってしまうと、なかなか嫌いになれないのである。

時々、過去の恋人のことをすっかり記憶の中から消し去ってしまう人(女性に多し)がいる。
これが僕には理解できない。
過去の恋人を否定することは、その時の自分の気持ちをも否定することになる。
それって、どうなのよ!?
と思う。

今年発売されたローリングストーンズの新作『ア・ビガー・バン』。
驚きの傑作だった。
『刺青の男』を最後に、ストーンズのアルバムはすっかり覇気を失ってしまい、何度となく失望させられ続けた。
それなのに、今作の見事なまでに強力なロックアルバムは、グリーンデイにも負けないぐらいの勢いを感じさせてくれた。
ずっと好きでよかった。
心からそう思った。
傑作といっても、『ベガ-ズ・バンケット』~『メインストリートのならず者』の頃のような奇跡的な輝きは確かにない。
それでも僕はローリングストーンズを一生愛し続けていきたい。
たとえ今作が最後の傑作アルバムだとしても。
それは、20代の時のような張りのある身体はとうに失い、無駄な肉が腰周りについてきた古い付き合いになる恋人を愛を込めて愛撫するかのように。


残念ながら、そんな恋人は僕にはいませんが。。


それにしても、相変わらず文章にまとまりがなくて嫌デス。


今日の記事は、先週結婚式を挙げた小学校時代からの友人に捧げたいと思います。
今の気持ちを信じて、末永くお幸せに。



B000A7Q27IA Bigger Bang
The Rolling Stones


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷくちゃん
2005年12月12日 20:52
人気ブログの後に(?)をつけられてしまう馬鹿な男、ぷくちゃんです。

うーん、今回の記事読ませてもらいました。名盤!さんってロマンティストなんだなあ。(遠い目)
2005年12月12日 21:44
>ぷくちゃんさん

ロマンティストです、たぶん。
でもかなり現実的ですけど。

所詮、世の中金ですよ。
(遠い目)
なぎさ☆
2005年12月12日 22:13
こんばんは☆
すごく、いい記事だなと感じました。
私は、過去の気持ちはあっさりと捨てて
しまうたちですが、やはりどこか心の中に
残っていたりしています☆

新たな気持ちに切り替えないと何も出来ないし
で、表には決して出さないけど
ふと、過去に浸るのが好きだったりします☆

私は、まだまだストーンズに会って
10年も経たない新しいファンですが、今回の
来日が最後でも何でも今、リアルタイムで
ストーンズが聴けること自体が嬉しいです☆

私も友達にこのアルバムを後ろに置いて
これが、私の好きな音楽よ☆

と胸を張っていえます♪
コージ (The Rambling Shoes)
2005年12月12日 22:41
A Bigger Bang 。
今年、最も聴いた一枚ですね。
(あまり購入しなかった!? 苦笑。)
2005年12月12日 23:40
>なぎさ☆さん

どうも、こんばんは。

>すごく、いい記事だなと感じました。

普段ほめられる事がないので、単純にうれしいです。。

実は、気持ちの切り替えがなかなか出来ないのが僕の弱点だったりしますが。

2005年12月12日 23:41
>コージさん

僕も『ア・ビガー・バン』が、今年最も聴いたアルバムかも。
でも、今年最も好きなアルバムではないかも。。
2005年12月12日 23:49
またしても、
ヘンなコメントをしてしまいそうだったので
様子を伺ってました。(^^*)

記事にあった、ぷくちゃんさんの記事を
読みに行ってしまいました。
長かった・・・・σ(^_^;)
斜め読みどころか、ほとんど縦読みでした。

作家編でやったら面白いかなと思いました。

この記事へのコメントはまたいつか。
(*'‐'*)
2005年12月12日 23:54
>ことのさん

作家編やってください。
コメント参加します。
ことの
2005年12月16日 19:17
女性は生理的に
過去を振り向かず、常に前向きで生きていくように出来てるのだと思います。
(^^*)
そして男性は
広範囲に愛を注げるようになってるのでしょうね。

作家編、
その時にはぜひ。
名盤!さんブログでやってもいいんですけどネ。
(^^*)

ことの
2005年12月16日 20:14
訂正

名盤!さんブログでやってもいいんですけど
     ↓
名盤!さんのブログで~~~

です。(^^ゞ
2005年12月16日 23:13
>ことのさん

振り返りたくなる過去はあまりないのですが、つい・・・

作家編、ことのさんのところで是非!
ゆみ
2005年12月17日 18:54
はじめまして。名盤さんのファンです。
いつも素敵な音楽話ありがとう
ございます。とても勉強になります。
ことのさんの>
女性は生理的にーーー。
で勇気ずけられました。よかったあ。
名盤!さん>
過去の恋人ーー。(女性に多し)
を拝見して、別れを言う方も何倍も苦しい
ということを、解かって欲しいなと
おもいました。言われるほうが被害者では
ありますが。。途中で会わないのだとわかる
ことは、厳しいものです。決意したら、
ぐっと自分をそこから切り離すことはとても
エネルギーがいるものでしたので。思い出は
きえることはないです。でも、今を真剣にい
きたいと思います。

いまは、希望をもって、あるひとを
愛してしまって。。その人の愛だけがほしいんです。そのひとの誕生日23日がちかくやってきます。勇気をだして、手紙をかいたのですが、
一緒に過ごしたい、今の望みはそれだけ
です。お金?ぜんぜん、興味ないです。
一緒に、いたいのです。春とおい。です。
2005年12月17日 22:09
>ゆみさん

どうも、はじめまして。

愛とは愛されたいと望むこと (ジョン・レノン「LOVE」より)

春の訪れがいつかは分りませんが、寒さに想いが負けないことを祈ってます。
今日も寒いです。
僕も寒いです。
暖かいスープを飲んで、音楽を聴いて過ごしたいと思います。
いつか、季節は変わります。


ゆみ
2005年12月18日 20:29
ちょっと書きすぎて
来るのが怖かったです。
お返事があって、ホッとしました。
さっそくスープをのみ、、
ジョンの言葉をのみこみ、、
ねことベランダを空けて屋根に
積もった雪をみていたら、不思
議です、名盤!さんの↑文を何
度も拝読すると、心が落ち着いて
静になりました。ありがとうござ
います!相手に対する思いやりに
欠けていたみたいです。優しさを
頂いて、そう感じました。寒さに
想いが負けないように暖めてて
いいのか、、暖めておきます!
ありがとう、m(^O^)/
名盤!さん、痛いの治りましたか?
大切にしてくださいね!お仕事?も
頑張ってください。(^^)P
チェンジザシーズンV、また遊びにきます!
2005年12月19日 01:48
>ゆみさん

痛いの治りました。
でも、また痛くなるかもしれません、繰り返しですよ全て。
でも、その度ごとに少しは利口になりたいと思ってます。
今日も寒いです。。
ゆみ
2005年12月29日 10:05
でも私は利口になれなくて。
自分には正直に生きている
けど、どんなことをしても
何に頑張っても事象で
しかなくて残っても過去形
愛ってオーバーな言葉より
思いやりが欲しい。優しい
言葉が欲しい。そんな日々。
一言だけでばら色になる
単純さで生きてます。笑。
春がきたら、体内ビタミン
が蓄積されてて、ポジティブ
になってるとイメージしたい。
生言いました。すみません。
暖かくなあれ。私。あなたも。

この記事へのトラックバック