チャック・ベリー「ジョニー・B・グッド」

画像
昨日夜、渋谷陽一がDJを勤めるNHK・FMの『ワールドロック・ナウ』(思わずサウンドストリートと書きそうになりました)を聴いていた。
この番組は毎週ロックの新譜を紹介してくれる、今では貴重な番組なので、なるべく聴くようにしている。
他の番組は、シングル曲ばかりで、アルバム紹介ってなかなかやってくれない。
昔は、アルバムをまるまる一枚かけてくれる番組も結構あったのになぁ。。

さて昨日の『ワールドロック・ナウ』であるが、いつもと違いリクエスト特集であった。
リクエストのテーマはギターリフ
とてもロック的な、いいテーマだ。
当然ストーンズやツェッペリンのナンバーも流れるだろうと思っていたのだが、残念ながら流れなかった。
当たり前すぎるからだろう、きっと。

流されたのはビートルズの「デイトリッパー」やクリームの「サンシャイン・オブ・ユア・ラブ」、ジミヘンの「フォクシー・レディ」などだった。
そして「フォクシー・レディ」の後に最後の曲として

「この曲を超えるものがあるのかと思っていたら、あるんですね最強の曲が」

といったような前ふりに続き渋谷陽一が紹介したのは


チャック・ベリーの「ジョニー・B・グッド」

確かにロック史に残る最強のリフはあれかもしれない。


すでに空気のような存在になっている「ジョニー・B・グッド」。
あまり普段聴くことのない、忘れているような曲だ。
しかし、久々に聴いたこの曲は最高だった。
空気のおいしさを思い出したようだ。

この中にはロックンロールのエッセンスがぎっしり詰まっている。

ロックンロールとは何?、と言われれば、ローリングストーンズと答えてきた。
でも、それは間違いかもしれない。


ロックンロールといえば「ジョニー・B・グッド」

なのかもと、今は思っている。


キース・リチャーズもこの曲が、お気に入りのロックンロール曲の中でも一番だとインタビューで答えていた。

あのイントロのリフは、本当に最強で、最高だ!



蛇足ですが、「ジョニー・B・グッド」といえば、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の中で、マイケル・J・フォックスが1955年にタイムスリップをして、この曲を演奏し周りを驚かせる(この曲は1958年発表)シーンが思い出されます。
そんなことないですか?


ベスト・オブ・チャック・ベリー
ベスト・オブ・チャック・ベリー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

だいまつ
2005年10月29日 19:54
わたしも、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を見て、これがチャックベリーなんだなと。
でもって、それが代表と感じていましたね。

あまり好きではない渋谷さんですが、こんどから聴いてみるか、ラジオを、、。
J-wave派だいまつ。
2005年10月29日 20:41
>だいまつさん

この番組、気になる新作をきっちり紹介してくれるので、オススメですよ。
金曜夜11:20からです。

ちなみに僕はFM802派・・・

でもないな。
あまり面白いと思えるラジオ局ないです。。
Junk
2005年10月29日 21:54
こんばんは。
「ジョニー・B・グッド」最高ですよね。イントロ聴いただけで、「わぁ!」と思ってしまいます。

>昔は、アルバムをまるまる一枚かけてくれる番組も結構あったのになぁ。。

確かにありましたね。それを必死になってエアチェックしていました。とても有り難かったのを覚えています。
あの頃が懐かしいです。
2005年10月29日 22:56
>Junkさん

エアチェックしてましたよ僕も。
FM雑誌買って。

エアチェックって言葉、きっともう死語ですね。
V.J.
2005年10月30日 01:10
チャック・ベリーといえば、キース音楽監督の「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」を嫌でも思い出します。キースが弾く「キャロル」のイントロに何度も何度もダメだしするチャック…「おい、ちゃんと弾けよ、小僧」とかなんとかコメント入れるところに、チョーキング一発にもコダワル…と、言うか、クォーター・トーンが自分のカラダの中の音階に染み付いているチャックは、やっぱ、R&Rの神様だなぁ。
と、そのとき感じ入りました。

やっぱ、STONESはPrastic SOULなんだろうな。黒人が聴くと…

僕は黄色人種なので、白人がやる黒「っぽい」音楽が大好きです。
コージ(The Rambling Shoes)
2005年10月30日 10:42
名盤!さんの記事を拝見して、去年でしたか、彼のライヴ(確か前座はハイ・ロウズ)を観た感動を思い出してしまいました。
2005年10月30日 16:20
>V.J.さん

『ヘイル・ヘイル・ロックンロール』は観てないんですが、さすがのキースも小僧かぁ。。

僕も白人がやる黒っぽい音楽が大好きです。
さらに言うなら、ファンクより、ファンキーな音楽が好きです。
微妙だけど、かなり違うんですよね。

そんな僕は、チャックといえば、チャック・ベリーよりチャック・ウィルソンをまず思い浮かべてしまいます。
2005年10月30日 16:22
>コージさん

チャック・ベリー来日してたんですか、知らなかった。
まだ元気にステージ出来てたんでしょうか?
ちょっと心配。
カナ
2005年10月31日 03:00
>名盤!さん

『ヘイル・ヘイル・ロックンロール』わたしも観ました。音楽監督としてまとめようとするキースと、好き勝手に振舞うチャック・ベリーの対比が面白かったです。キースもあれで人の気持ちが解るようになったでしょうね(笑)。

エアチェックはしてましたね~。「FMステーション」買って、ウサギのマーク入りのカセットレーベル(死語)を切り抜いて使ってました。アーティスト名が最初から印刷されてるので、便利でした。昔はカセットテープ1本作るにしても、レーベルに凝ったり、ワープロも無かったのでインレタ(インスタント・レタリング)使って一文字一文字こすって転写したり(笑)。今より大切に音楽聴いてました。

ぷくちゃん
2005年10月31日 20:28
ああ懐かしい。カセット作り。

>レーベルに凝ったり、ワープロも無かったのでインレタ(インスタント・レタリング)使って一文字一文字こすって転写したり(笑)。

やりました、やりました。カセットの背表紙と丁度合う広告のアーチスト名を見つけると、切り抜いてタイトルとして使ったり。

>今より大切に音楽聴いてました。

間違いないですよね、カナさん。はっ!音楽酒場じゃなかった。
2005年10月31日 21:25
>カナさん

僕は『週間FM』派でした。
当時は、番組で流される曲目がほとんどFM誌で事前に分りましたが、番組によっては、たまに曲目未定というのがあってイライラさせられました。
ちなみにめんどくさがり屋の僕は、いつもレーベルは手書きでした。

それにしても、キースって・・・・
今では考えられないことですね。

2005年10月31日 21:31
>ぷくちゃんさん

どうも、音楽酒場分室です。

思うに、今は昔より全てのことで、時間の流れる速度が速くなってるんだと思います。
だから一つ一つのことをかみ締めていくことが難しくなってるんじゃないでしょうか。
いい面も、ありますけどね。。
なぎさ
2005年11月01日 03:39
こんばんは(^-^)2年ほど前、ZEPP福岡でチャックベリーLIVE行きましたよ(^^)ハイロウズも一緒にしてましたけど(^^) 最前列で、ジョニーBグッドを聴けました(^^)スティーヴィーワンダー、しみじみしてます~。心地よいJAZZを聴くような感じです(^^)是非!!
2005年11月01日 22:02
>なぎささん

どうも、こんばんは。
最前列かぁ、やるな~。
ハイロウズのヒロトは、脱ぎませんでしたか(最近は脱がないのかな)?

スティーヴィー・ワンダー、近いうちに買ってみます。

この記事へのトラックバック

  • Elvis Presley

    Excerpt:  なぜか見かけたのでフラっと聴いてしまったのがエルビス・プレスリー。もちろんロックの王様なので通り一遍は聴いていたものの、「ELV1S~30ナンバー・ワン・ヒッツ」のようなベスト盤� Weblog: ロック好きの行き着く先は… racked: 2005-11-20 23:44
  • ブランド/フォクシー/憲章

    Excerpt: フォクシー FOXEY憲章私たちFOXEYスタッフは、お客様が欲しい!と思ってくださるものを、高品質で誠実にお作りします。楽しんで 気持ちよく 適切なアドバイスのもとにお買い上げいただきお買い上げいた.. Weblog: ブランド/ブランド racked: 2007-05-15 21:08