スガシカオ『SMILE』

画像
阪神優勝!!
「君が代」は歌えなくても「六甲おろし」は歌える民がたくさん生息するここ大阪は、大変盛り上がっております。
しかし僕はその盛り上がりに参加できず、何故か部屋で一人スガシカオに耳を傾けている。

聴いているアルバムは2003年の春に発売された『SMILE』。
スガシカオ・ファンの僕はどれも好きだが、特に好きなのはデビューアルバムの『Clover』とこの『SMILE』。
デビューアルバムにはスガシカオの全てが詰まっており、その後の作品から新しい技は発見できない。
しかし、歌詞やサウンドは確実に深化している。
このアルバムはその流れの中で生まれた、完成品ではないかと思っている。



半分に割った赤いリンゴの
イビツな方をぼくがもらうよ
二人はそれで たいがいうまくいく

               「アシンメトリー」 作詞:スガシカオ

アシンメトリーとは、非対称という意味である。
それぞれのイビツな部分をお互いが補完しあっていく、ということを表したラヴソングか?



君の口がキタナイ言葉さけんでるところ
見てみたいんだ、メチャクチャにしたいんだ

優等生じゃない君に なんの魅力もない
まっ白なシャツが
汚されたとしても はがされたとしても・・・

             「優等生」 作詞:スガシカオ


君がぼくの友達の弟でさえなければ・・・

気持ちが悪い奴と 思われてもしかたないけど
愛のカタチなんてきっと いつの時代も不気味なのに

             「はじめての気持ち」 作詞:スガシカオ

暗闇に追いやられる性癖を表に出そうとする、スガシカオ。
隠すことは苦痛だから、歌でガス抜きしてるのか?
でも意外と、シカオちゃんウブだったりして。



誰にも見せない心は
小さな痛みを抱いた
美しくあろうとはしたけど
憎しみにふるえてしまった

             「桜並木」 作詞:スガシカオ

こんなこと、何度あったか。きっと、これからも幾度となく、同じ状況を繰り返さなければならないんだろう。



この世界の憂鬱に
垂れ流したヒクツに
いつか捨てた勇気に
ぼくらが愛した歌に
同じ朝が来る・・・

             「気まぐれ」 作詞:スガシカオ

こんな気分の時は、飲もう。酔いに逃げるのも、時々なら悪くない。



なんて思いながら、聴いたりします。

名盤ですよ、これ。


SMILE




SMILE

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年09月30日 10:19
お久しぶりです!
そっか~。名盤!さんって大阪の人だったんですね。初めて知ったわ。(笑)
昨日は「セカチュー」見ていました。(爆)

こう書かれると、改めて聴きたくなります。

>でも意外と、シカオちゃんウブだったりして。

うん。案外そーカモ・・・と思ったりします。

ではでは、また☆

のんりょう
2005年10月01日 00:04
はじめまして。のんりょうと申します。

確かに、私もシカオの好きなアルバムは『clover』と『SMILE』だな。
最近の新譜はあまり魅力を感じません。なぜならばなんとなく"やらされてる感"がするからです。シカオ本来の『生臭さ』が感じられないのです。
デビュー当時から好きだけど・・・『clover』以上の衝撃はもう味わえないのかなぁ~。

でも。なんだかんだいってスガシカオ、好きなことには変わりないんだけどね。
2005年10月01日 01:35
>pink monkeyさん

はい大阪人です。
流行りもの好きな僕ですが「セカチュ-」はドラマも映画も本も全くノータッチなんですよね、実は。
2005年10月01日 01:40
>のんりょうさん

どうも、はじめまして。
『Clover』は特別ですからねぇ~。
でも次作に期待しましょう。
ジョージーポージー
2005年10月11日 17:55
今までちゃんとスガシカオの曲を聴いたことなかったんですが、このブログでよく紹介されているので「SMILE」と「Clover」を聴いてみました。両アルバムをじっくり聴いてみてまず最初に、「悲しみ」という言葉が浮かびました。彼の曲の多くには悲しみに対する恐れや怒りが感じられるような気がします。(初心者なのに生意気な事言ってすみません泣)日々暮らしていく中で明日突然やってくるかも知れない「悲しみ」というものは、やっぱり私にとっても恐怖です。
2005年10月11日 23:00
>ジョージーポージーさん

スガシカオの歌は、悲しみがまず底辺にベースとしてあって、そこから全てが始まっているのかもしれません。

僕も、突然やってくるかもしれない悲しみは恐怖です。
だからこそ、悲しみが日々日常に横たわってることを前提として生きてる気がします。逃げの一手を先に打ってるわけです。
そうすれば、少し楽だから。
ジョージーポージー
2005年10月13日 18:52
その気持ち、わかります。私も今までずっとそうしてきたし、これからもたぶんそういう風にしか生きられないと思います。下に落ちた時の衝撃を少しでも小さくするために、もとからあまり高い所は歩かないというか...。弱いんでしょうね。たぶん。強くなりたいですが。
2005年10月13日 23:50
>ジョージーポージーさん

ビートたけしが、がんばって安全ロープを伸ばしてきたと言ってました。
ロープなしでは危険で行けないけど、ロープを伸ばすことで、行ける範囲が広がるということです。
小心者の僕はこの方法を見習おうと思います。
そして、色んなところで色んなことをしたいな、と思っています。
ジョージーポージー
2005年10月30日 01:50
しつこくてすみません(笑)
ビートたけしの言葉、なるほど。ですね。
石橋を、叩きながらもとりあえずわたってみるといったところでしょうか。(あれ?違います?)
確かに理想的な方法かも。
参考になりました。
2005年10月30日 16:26
>ジョージーポージーさん

石橋に例えるなら、石橋を強くすることに頑張ってきたという感じでしょうか。
現実的な生き方で、先を目指すにはこれしかないかなと思います。
yumi
2006年01月14日 15:39
ブラボー
この回のコメントはつまらない
批評家より素敵です、感動。
シンメトリーが一番すきな曲で
す。スガシカオ寂しい学入門。
2006年01月14日 19:03
>yumiさん

寂しい学!

なるほど。

この記事へのトラックバック

  • スガシカオ

    Excerpt: よくデビューアルバムにはそのアーティストの全てが詰まっていると言うが、それがよく分かるいい例が、スガシカオのデビューアルバム『Clover』じゃないだろうか。現在までに6枚のオリジナル・アルバムを発表.. Weblog: 名盤! racked: 2005-09-30 00:27
  • スガシカオ たまには邦楽の紹介

    Excerpt: 洋楽とか、映画とか、本とか、、サッカーとか、、紹介してきましたがたまには邦楽の Weblog: 東方見聞人 racked: 2005-09-30 06:35