海 ~BGMは角松敏生で

画像
梅雨の合間のよく晴れた昨日、ひとりで何気に夕暮れの浜辺でたたずんでいた。
そこにいるのは、平日ということもあり若者ばかりだった。
素っ裸になってる、男子学生(たぶん)。カップル。男女入り乱れて楽しげなグループ。バーベキューしてる人たち。女の子に声かけてる男子高校生(たぶん)。短いスカートの女子高生2名と、そのどちらかの弟であろう小学生(たぶん)。

そんな人たちを見ながら、飲むビールは美味しかった。銘柄は、キリンの一番絞り。ずっとアサヒのスーパードライが好きだったんだけど、最近は、一番絞りがお気に入りだ。ついに僕も、大人になったか(何故かキリンは大人のビールというイメージが僕にはある)?

しばらくすると、太陽が水平線に沈んだ。

太陽が沈んでから、真っ暗になるまでの10数分間の浜辺がとても好きだ。

赤く染まった夕暮れ時もいいが、この薄暗く、そして徐々に闇に包まれていく時間帯の美しさも捨てがたいものがある。
こころには、なにか不思議な感覚が流れる。

こんな気持ちを誰かと共有したいなぁ、とぼんやり思った。

来週には梅雨が明けるらしい。


ON THE CITY SHORE
ON THE CITY SHORE

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぷくちゃん
2005年07月14日 06:06
ビールを飲める、あなた、そうあなたですよ!とってもそれだけで大人です。私は発泡酒しか。しかし角松敏生ですか。その昔大学時代、学園祭に杏里と一緒に呼びました。杏里はその頃人気絶頂、角松はおまけでついてきた感じでしたが、コンサートの盛り上がりは彼の方が上、「最後のダンス・・・」(タイトル知らない)と延々歌ってくれていたのを思い出します。彼のブーツはタカQで買ってきたばかりのものだった。商品タグがついたまま歌っていた。
2005年07月14日 19:15
発泡酒より、やはりビールが飲みたい。他はケチっても、これだけは譲れません。
杏里と角松って、昔同じ事務所だったんですよね。杏里の『COOL』っていうアルバムが好きでした。
ぷくちゃん
2005年07月14日 21:56
すいません、この海岸は実在するんですか?もしするなら行ってみたい!
2005年07月14日 23:29
>ぷくちゃんさん

実在しますが、どこにでもある普通の海の普通の様子ですよ。どの部分に惹かれたのですか?
ぷくちゃん
2005年07月15日 22:15
うちの近所の海はテトラポット埋め立てばかり、可愛い男女が愛を語り合う雰囲気は皆無に等しいのです!
2005年07月15日 23:18
>ぷくちゃんさん

それは残念。
でも、こちらの海も、水は汚いので難ありです。
綺麗な海に行きたいです。
以前フィジーに行ったことがあるのですが、そこは綺麗でした。魚もいっぱいでした。
近場ではサイパンのマニャハガ島も綺麗でした。しかも旅費・宿泊費あわせて3万円。一番安いツアーでしたが、ホテルもまともでした。でも今は3万すら自由になる金がない。つらい夏です。
だいまつ
2005年07月17日 22:50
おお!コメント書き込めた!(笑)
名盤サン、、わたし、神奈川県民で角松のライブに行った事ある人間、、。
嬉しい記事のアップですね。
あの時は、、活動停止を表明した時のツアーでした。

三陸の透明度抜群の海にぴったりの音楽、、、、と思ったら寒い霧がこっちに向かって吹いてきた、、、。
まったく角松的雰囲気皆無、、、ぷくちゃんさんもこれではがっかりだね、、。

2005年07月18日 00:40
>だいまつさん

角松に神奈川は似合いですね。
僕もそのツアーに行くつもりでチケット取ってたのですが、仕事の都合でどうしても行けなくなり、友人にチケットを売りつけたことがあります。
しかし今日も暑い。
三陸は過ごしやすいですか?
おさむ
2005年07月26日 10:51
はじめまして・・・・

このアルバム、初めて聞いたのは26,7才の時か。
もう20年と少し前の事です。
最初は達郎と同じに聞こえました(後になっては考えられないことですが・・)
「テイク・ユー・トゥ・ザ・スカイ・ハイ」では紙飛行機飛ばすんですよね。

でも一番良く聞いたのは「あるがままに」
(CD一枚を使って去っていった女性をもう一度振り向かすための)
「僕の音楽が君の気持ちを変えられないなら、音楽なんて僕にとって意味のないものだ」
ま、結局取り戻せなかったようですが・・
2005年07月26日 18:26
>おさむさん

どうも、はじめまして。
「テイク・ユー・トゥ・ザ・スカイ・ハイ」で、紙飛行機飛ばしたことありますよ、僕。
『あるがままに』は、後の活動休止(凍結)宣言につながる、混乱が感じられるアルバムですね。
dog days
2005年08月04日 22:20
別のところでコメントしたものですが、角松ー!?
今日角松も久しぶりに聞きました。なんだか好きな音楽が似ていてうれしいです。
角松といえば「TOKYO TOWER」です。最初と途中の英語の部分はよく練習したものです。今日聞いて改めて「I can't stop the night」などもいいな~と(時代が感じられます)。
2005年08月04日 23:56
>dog daysさん

「TOKYO TOWER」は最高ですね。
あの頃のような、ダンサンブルな曲をまた作ってほしいところです。
「I can't stop the night」はシンセベースが好きです。

この記事へのトラックバック

  • Amoxicillin adult dosage.

    Excerpt: Adult dosage amoxicillin. Amoxicillin adult dosage. Weblog: Adult dosage amoxicillin. racked: 2007-02-13 05:39