BUMP OF CHICKEN

画像
右車線なのに、ノロノロと走る前の車にイラつく。左から抜いて行きたいが、前の車と並走するように、これまた一台走ってる。
そんな時FMから、7月21日に発売されるバンプ・オブ・チキンの新曲「プラネタリウム」が流れてきた。
う~ん、いい曲だ。

バンプ・オブ・チキンの魅力は、なんといってもヴォーカル藤原基央の歌声。
この声の持つ力というのは、日本の音楽シーンでもトップランクに入るものだと思う。
もちろん、上手い下手、という問題ではない。


僕は学生の頃からバンド活動をやっていた。プロになるのが夢だった。
レコード会社が主催するオーディションの、テープ審査くらいは通ったことがあるのだが、そこが限界だった。僕は作詞・作曲とヴォーカルを担当していたのだが、その歌声は、悲しいかなプロのレベルではなかった。
こんな声で歌えたらなぁ~、と憧れたヴォーカリストが何人かいた。
甲斐よしひろや久保田利伸や吉田拓郎や矢沢永吉などがそうだった。
憧れはすぐ嫉妬になった。

あの頃、藤原基央の歌声を聴いていたなら、最高に憧れ、嫉妬しただろう。
胸に沁みこんで共振させる歌声。
最高レベルだと思う。
それは、限られた人にだけに与えられる天性のもの(もちろん努力のあっただろうが)。
正直、くやしい。とても。


前の車のせいで、後ろが混んできた。なぜ前の車は気付かない?

しばらくして、左車線の遅い車が左折した。
すると後続の左車線の車が、どんどん僕を追い越していく。僕は、左車線に移るタイミングが見つけられない。

ゆっくり行こう。よくあることだ。
僕はFMを切り、藤原基央を意識した歌い方で、「天体観測」を口ずさみながら運転を続けた。


プラネタリウム
プラネタリウム

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

joytoy
2005年07月12日 21:56
初めてバンプを聴いたとき、忘れてた感じを思い出しました。いろんな事。
歌声がそんな気持ちにさせたんでしょうね。
自分でカラオケ歌って全然声が出なくてすぐに現実に引き戻されましたが…
関係ないですが、とりあえず人生は続いていくので、追い越しせずに流れる景色を見ないとダメですね。
2005年07月13日 00:54
>joytoyさん

そうですね。
でも、時にはびゅんびゅん追い抜いてみたいです。
カナ
2005年07月13日 21:04
彼らのアルバム「THE LIVING DEAD」1枚だけ持っています。店にいるとよく彼らの曲が有線で流れるので、耳にする機会は多いのですが、とてもいいですね。10代の頃に聴いていたらきっとハマっていたんだろうと思います。

ところでなぜ、トップの画像がマリーナ・ショウに?
2005年07月14日 00:04
>カナさん

マリーナ・ショウはですね、特に深い意味はないんです。
このアルバムを先日聴こうと思ったら、どこを探しても見つからなかったので、悔しさのあまり(?)、なんとなくトップ画像に持ってきたのです。
とても名盤だと思います。
でも、何故ないのだろう?

この記事へのトラックバック

  • 私を救ってくれた!!

    Excerpt: 大人の方のBUMPの見解ですね♪ 若い子がファンでビックリしています。 私も作詞作曲やりますよ♪ 私らがやってる時に声でかなわないと思ったのは ミスーターチルドレンの桜井和寿ですね♪ あとは.. Weblog: 世紀の対決!! ... racked: 2005-07-12 03:41
  • hands(nY)2006N11[G]

    Excerpt: hands(nY)2006N11 Weblog: 吉井和哉 - YOSHII KAZUYA LIVE racked: 2007-03-27 18:12