カルチャークラブ

画像
昨日ある本を探してたら、カセットテープをたくさん入れていた箱がみつかった。懐かしのものがいくつもあったが、まず取り出して久しぶりに聴いたのがカルチャークラブの『カラー・バイ・ナンバーズ』。これは僕が高校生ごろに大ヒットしたアルバムだ。たぶんどこかにレコードもあるはずだ。このころは、ブリティッシュ・インヴェイジョンと言われ、イギリスから続々とビッグスターが生まれ、日本でも大人気だった。それと並行してへヴィメタル・ブームというのも存在し、僕はどちらかというとそっちに加担していたのだが、カルチャークラブは大好きだった。ちょっとミーハー的な人気者であった彼らだが、音楽性はとても素晴らしかったと思う。ボーイ・ジョージのヴォーカル、メロディ。そしてこのアルバムで顕著なR&B/ソウル的なセンス。ゴスペル風の素敵なバラードもある。実際久しぶりに聴いてみても、凄く良かった。「ミス・ミー・ブラインド」でちょっと踊ってしまった。

このアルバムには、日本盤のボーナストラックとしてヒットシングルの「タイム」が収録されていた。しかし僕は、「タイム」が未収録の輸入盤を買った。理由は値段じゃなかった。

当時の僕はこう考えたのです。アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』とは、本来「タイム」未収録の全10曲をもって作品として完結しているもの。そこに「タイム」を加え全11曲としたものは、アルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』とは似て非なるものである。という風に。
今なら間違いなく、ボーナストラック入りのものを買うでしょう。でも、当時はそれが正しいと思っていた。もっというなら、それが正義だと思っていました。とはいうものの、そんな原理主義的だった高校時代から、アーティストが作品として認めていないブートレグ(海賊盤)は、よく買っていました。ちょっと矛盾ですね。
今でも正直ボーナストラックというものには、少し抵抗があります。しかし、聴けるものなら出来るだけたくさんの曲を聴きたい、という気持ちの方が勝っており、日本盤を買うことが多いです(日本盤を買う一番の理由は、歌詞や対訳ではありますが)。

ブルーアイド・ソウルの名盤のひとつに数えられていいこのアルバム、もっと良い音で聴きたいから、CD買おうかなぁ。ちょっと考え中です。欲しいの多すぎて困ります。
20年以上、同じ悩みを抱え続けてるが、大金持ちにでもならないと一生抱え続けなければならない。やっぱり、金だ!

カラー・バイ・ナンバーズ
カラー・バイ・ナンバーズ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年06月08日 01:41
こんばんわ。
「カラー・バイ・ナンバース」わたしの洋楽体験最初期のアルバムで、何十回聴いたかわかりません。思えばあの頃は1枚のアルバムを、ホントに繰り返し繰り返し大切に聴いてました。今は悲しいことに1,2回聴いてハイ、それまでよとラックに眠り続けるCDの多いこと。どっちが幸せな音楽の聴き方なのか、ちょっと考えてしまいます。
わたしも久々に聴いてみましたが、凄くよかったです。昔聴いた時よりも、「ブラック・マネー」とか、よりソウル寄りの曲にグッときました。ヘレン・テリーのバッキングヴォーカルがいい感じです。
2005年06月08日 16:50
>カナさん
「ブラックマネー」たまんないですよね。
ヘレンテリーって、その後スタイルカウンシルのライヴなどに参加してませんでしたっけ?今どうしているんでしょう?好きなヴォーカリストだったのに。
今日聴いた音楽
2007年02月20日 19:33
お久しぶりにお邪魔します。

>CD買おうかなぁ。ちょっと考え中です。欲しいの多すぎて困ります。

まったく同感です。わたしも カルチャークラブは、まだ買えてません。ようつべで
PVばっかり見てるからかな(汗)

「British Invasion II」つながりで
トラックバックさせていただきました。
2007年02月21日 23:09
>今日聴いた音楽さん

この記事書いてから随分経ちますが、まだ買えてませんカルチャークラブ。
買わなきゃ!

この記事へのトラックバック

  • Wake Me Up Before You Go-Go

    Excerpt: TVをつけると、当然「あるある」はやっていない。放送してたのは 「ジャンクSPORTS」だった。ここに挿入されていた曲。 "Wake Me Up Before You Go-Go" .. Weblog: 今日聴いた音楽 racked: 2007-02-20 19:28