浦沢直樹×手塚治虫『PLUTO』

画像
まだまだ漫画というのは、世間的にはプライオリティの低いものである。何故なんだろうか?小説や映画や絵画などと何が違うのだろうか?僕の知人で映画に興味がない奴がいるのだが、そいつに今までどんな映画を観たのか尋ねたら、『南極物語』など、ろくでもない映画の名前が幾つもでてきた。数少ない映画体験がそれじゃ映画を好きになることはないわな、と思った。何事も出会いは大事である。

というわけで、漫画と素敵な出会いをしたことがないあなたに、僕が今一番好きな漫画を紹介したい。
それは、浦沢直樹と手塚治虫の共著による『PLUTO(プルートウ)』。

すでに亡くなっている手塚治虫の名前が著者としてあるのは、これが手塚作品のリメイクであるからだ。誰もが知る『鉄腕アトム』の中の「地上最大のロボット」というエピソードを原作とし、浦沢直樹がリメイク。漫画ファンにとって、この組み合わせは、まさに夢のタッグと言えるだろう。手塚治虫はもはや、何の説明もいらないと思う。漫画界のビートルズ的存在と呼べる作家だ。
浦沢直樹は、今人気・評価とも漫画界を代表する位置にいる一人。完結した代表作と言えば 『MONSTER』。この作品で彼の作品に興味を持った人は多いはず。それより以前にも有名な大ヒット作品がある。『YAWARA!』だ。そう、あの柔道の谷亮子のニックネームの元となった、女子柔道選手を主人公にしたものだ。これは最近の作品と比べると、かなり異なった雰囲気の作品である。当時『YAWARA!』を書いていた人が、まさか後に『MONSTER』のような作品を生み出すとは誰も予想できなかったはずだ。現在進行形のものでは『PLUTO』のほかに、クライマックスを迎えている『20世紀少年』という大ヒット中の作品もある。とにかく浦沢直樹は、今とっても旬な漫画家であることは間違いない。

さて『PLUTO』だが、手塚作品との違いは主人公がアトムではないところだ。手塚版ではサブキャラクターであった、ロボット刑事ゲジヒトを主人公に物語が進められる。もちろんアトムも登場する。しかしそのルックスは、手塚が描くアトムとは全く違う。いつもの浦沢作品に出てくる、表情と空気感を持ったルックスで描かれている。確かに原作は手塚治虫であるが、その世界観はまるで浦沢直樹のオリジナルかのように感じれる。絵の力なのか、もともとこの二人が同じ世界観を持っていたということなのか、そもそもリメイクとはこういうものなのかよく分からないが・・・
とにかく面白いことは保証します。現在はまだ2巻までしか出ていないが、買って読んでみて損はないはず。SFサスペンス調なので、そういう話しが好きな人は必読です。

『20世紀少年』に関するビッグコミック・スピリッツのサイト
http://www.spi-net.jp/20century/20century.html

『MONNSTER』のアニメ版に関する日本テレビの公式サイト
http://www.ntv.co.jp/monster/

浦沢直樹インタヴュー(『MONSTER』連載時のものですが)
http://www.bigcomics.shogakukan.co.jp/salon/room_28.html

PLUTO (1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • PLUTO(2)

    Excerpt: PLUTO(2) 2005年05月05日 楽天 本・雑誌・コミック デイリーランキング第1位 ビッグコミックス 著者.. Weblog: 楽天売れ筋ランキング集 racked: 2005-05-05 13:52
  • PLUTO

    Excerpt: ロボット好きならコレを読め!!(半強制)(笑PLUTO (1)浦沢 直樹 手塚 治虫小学館 2004-09-30売り上げランキング : 924おすすめ平均 ロボットの命題について見事なリメイク!ア.. Weblog: Challenges!! To be Cosmopolitan★彡 racked: 2005-07-10 00:36
  • PLUTO(2)

    Excerpt: 【第2巻】 ゲジヒト・アトムそしてお茶の水博士・・・ボラー調査団の元メンバー全員が命を狙われている?何故? ブランドのライバルである闘神ヘラクレスも・・・? そしてまずブランドが狙われる! 「これ.. Weblog: 浦沢直樹作品集 racked: 2005-07-16 11:23
  • 手塚治と手塚漫画が教える戦争漫画

    Excerpt: 手塚治さんの展覧会はよく行われる、宝塚の手塚治館には何度か訪れたが、今回の企画戦争体験のテーマでの展示会はユニークです。「戦時中の資料を展示している昭和館(東京都千代田区)が、漫画家の故手塚治虫さんの.. Weblog: 手塚治と手塚漫画が教える戦争漫画 racked: 2007-03-15 15:55
  • どろろ (第3巻) 手塚治虫

    Excerpt: 手塚治虫 Weblog: どろろ 映画 / コミック racked: 2007-06-04 10:50