名盤!

アクセスカウンタ

zoom RSS ポスト・マローン 『ビアボングズ&ベントレーズ』

<<   作成日時 : 2018/07/14 15:02  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ワールドカップも残すところ3位決定戦と決勝戦を残すのみとなってしまった。
寂しい。。
今大会はかなり面白かったと思う。
日本代表の予想以上の活躍、優勝候補国の敗退。
アディショナルタイムも気が抜けないような試合も多かった。
そして決勝はフランスとクロアチア。
フランスは優勝候補ではあったけれど、クロアチアはまさかの決勝進出。
マドリディスタの僕は、モドリッチがいるので応援していたけど、決勝進出は驚きだった。
でもあの戦いぶりは素晴らしい、決勝進出に相応しいものだと思う。
ここまで来たら優勝してほしいな!


さて音楽の話。
今日は春頃リリースされたポスト・マローンの2ndアルバム『ビアボングズ&ベントレーズ』について。
このアルバム全米で今年一番の大ヒットとなっている。
そんなに売れてるならきっちり聴かないと、と流行りに付いていきたい僕。
その存在は以前から知っていたけど、恥ずかしながら知らなかったのが、ポスト・マローンが白人だということ。
1stも大ヒットしていたのでその音源は聴いたことあったのだけど、まさか白人だとは。
ジャンルとしてはヒップ・ホップになる彼、それだけで反射的に黒人だと思っていた。
しかし彼は白人で、年齢は22歳とのこと。
これだけの成功は、白人ヒップ・ホップ・アーティストとしてはエミネム以来か。
ヒップ・ホップといえど、聴いた感じは歌ものの印象をもってしまう。
テンポ的に遅く、激しさもあまり感じない。
どちらかといえばメロウな感じである。
なのでここ日本でも、それほどヒップ・ホップは聴かないという洋楽ファンにも受け入れられてるんじゃないだろうかと、勝手に思っている。




ビアボングズ & ベントレーズビアボングズ & ベントレーズ
ポスト・マローン ジャスティン・ビーバー YG

ユニバーサル ミュージック 2018-06-26
売り上げランキング : 2579

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



歌ものの印象を持つと上で書いたけど、アルバムには歌そのものも収録されている。
アコースティック・ギターの弾き語りのような「ステイ」がそうだ。
この夏フジ・ロック・フェスティバルに登場する彼だが、この曲FUJIの夜に凄く映えそうな気がする。







特徴のあるハイハットなど、以前から流行っているトラップ・ビートを採り入れている彼だが、こういうのを聴くとやはりアメリカの大衆音楽はレベルが高いなと思う。
これって、リズム感の違いなんだろうか?



の「ロック・スター」は8週にわたり全米シングル・チャートのNo.1を記録した。


普段ヒップ・ホップを聴かない人も是非一度お試しあれ。

これが今年アメリカで一番売れてるアルバムです!






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ポスト・マローン 『ビアボングズ&ベントレーズ』 名盤!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる