名盤!

アクセスカウンタ

zoom RSS Mr.Childrenサブスクリプション解禁

<<   作成日時 : 2018/05/13 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

”ミスチル全シングル全アルバムのサブスクリプション・サービスによる配信開始”のニュースが、先日飛び込んできた。

サブスクリプションとは、音楽の場合でいうと、その楽曲そのものを買い取るのではなく、一定期間利用(視聴など)する権利を代金を払って得ること。
なので所有ではなく、一定期間の利用ということで、その期間中に限りその音楽を聴けたりすることである。

主だったところではApple Music、Spotify、Google Play Musicなどのサービスがある。
僕はApple Musicを利用しており、毎月980円を支払うことで、多くの音楽を好きなだけ聴くことが出来る。
このサービスが始まったころは、洋楽は多くのアーティストの音楽が聴けたけれども、邦楽に関しては聴けるアーティストが多くなかった。
サブスクリプション・サービスでの配信には積極的ではなかったのだ。

しかし、少し前に宇多田ヒカルの配信が始まり(移籍前のレコード会社の楽曲のみだが)、そして今ついにミスター・チルドレンもである。
これまで日本のアーティストがあまりこのサービスに積極的でなかったのは、諸外国と比べCDソフトが比較的まだ売れているので、サブスクリプション配信に参入することで楽曲によって得られる収入が減ることを避けたかったからだと思われる。
しかし最近はライヴ収入(グッズ販売も含め)が伸びていることもあり、ライヴの動員への布石として、楽曲による収入は落としても、音楽を聴いてもらう、好きになってもらうという機会を増やすことを重要視することになってきたのだろう。




これで大物アーティストでまだサブスクリプションによる配信に参入していないのは、サザン、ユーミン、B'zあたりだろうか。
ただ宇多田ヒカルはもうすぐ移籍後初のアルバムがリリース予定だけど、これはサブスクリプション型の配信は行われない気がしてる。
行うにしても、CDリリースから数ヶ月後からの開始じゃないだろうか。
だってCD売れるもんね。
テイラー・スウィフトの昨年リリーされた最新アルバムはそのようなやり方だった。
やはり売上はしっかり確保したいだろう。
それでも音楽ファンには、とても嬉しい話だ。
たくさん音楽を聴きたいけど、それ程収入の多い人ばかりではないのだから。

ちなみにSpotifyには無料版がある。
シャッフルでしか聴けないので、アルバムを冒頭から曲順ごとに聴けないとか、聴きたい曲をピンポイントで聴けないとかいうのはあるが、何しろ無料である、それぐらいは仕方ないだろう(PC版だとピンポイントで聴けます)。
なんて素敵なんだ。

確かにこのことによりアーティストや著作権者などの収入は減っているのだろう。
僕は音楽作品に対して対価は支払うべきだという考えである。
でもこのシステムのおかげで気軽に多くの人が、よりたくさんの音楽に触れる機会が増えることはとても素晴らしいことだと思う。
音楽ビジネスの形が変わるだけ、業界の人はそれに対応していけばいいのである。
テクノロジーの変化により、音楽業界に限らず様々なサービスの形態が変わって行くことは、今や当たり前のことである。

ただ日本は海外と比べ、その歩みはどの業界でも遅い。
既得権益を手放したくない人たちの強固な力がそうしているのかな。
様々な規制が新しいものを阻害する、それが日本の社会。
それ故の良いところもきっとあるんだろうけど(?)。


配信が開始されたミスター・チルドレンだが、早くも各サービスで多くの人が彼らの楽曲を耳にしているようで、Apple Musicでも各アルバムが軒並みランクインしている。

画像






















もうサザンもサブスクリプション配信始めればいいのにな、と思う。
サザンの大ファンの僕なので、これまでリリースされたCDはほとんで持っているし、次リリースされたらまたCDを買うだろう。
だから別に配信サービスがなくてもそれほど困らないけど、ライヴ会場に若い人がほとんどいないのは寂しい。
新しいファンを増やすためには、必要なことだと思う。
もし桑田佳祐が新しい若いリスナーを求めているなら、是非今年のデビュー40周年の節目に開始してくれたらなと思う。




いまだ名曲を作り続けるミスター・チルドレン。
去年リリースされたの曲ももちろん配信されてます。
いい曲だなぁ、これ。


au WALLET Market




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
LINEミュージックで聴いています。配信開始当初はシャッフルで一日中聴いていました。そして、『深海』を頭から通しで聴いた時、曲間が空いているのにがっかりしました。それってLINEミュージックだけなのだろうか。まあ、ほとんどの曲の音源を持っているから良いんだけれど。次は浜田省吾が配信してくれないかな。
toshi
2018/05/20 20:11
toshiさん

アップル・ミュージックだと曲間繋がってました。
浜田省吾アップル・ミュージックだと一部の曲は配信されてますよ。
契約の問題なのでしょうか。
例えば矢沢永吉だとEMI時代のものは配信されていますが、SONYやワーナー時代はされていません。
アーティストの意志より契約内容が大きいのでしょうか?
名盤!
2018/05/24 23:25
先日LINEMUSICのアップデートがあったので、試しに聴いてみたけれどダメでした。配信されるかされないかにはレコード会社の意向が強く反映されるんですかね。あれだけ反対しているニール・ヤングの楽曲はたくさん配信されていますから。
toshi
2018/05/25 07:04
toshiさん

ニール・ヤングってMP3も音が悪いからと言って、自分でフォーマットを開発していたような。
契約って面倒ですよね、仕方ないこととはいえ。
名盤! 
2018/05/27 14:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Mr.Childrenサブスクリプション解禁 名盤!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる