名盤!

アクセスカウンタ

zoom RSS おぎやはぎの愛車遍歴 〜いつかはポルシェ

<<   作成日時 : 2018/05/06 16:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

BSで放送されている、”おぎやはぎの愛車遍歴”という番組があるのだけど、実はこれ結構好き。
有名人のゲストが登場し、自分のこれまでの愛車遍歴について話す番組なんだけど、懐かしの名車が出てきたりして車好きにはなかなか楽しい番組。
ゲストが成功するにつれて車が高級車になって行ったりする過程も面白かったりする。




僕は車の運転はそんなに好きじゃないのだけど、車自体は好きだ。
そのきっかけは、小学生くらいの時に読んだマンガ『サーキットの狼』。

サーキットの狼(1)サーキットの狼(1)
池沢さとし

ゴマブックス株式会社 2015-12-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そしてそれに付随するかのように起こった”スーパーカー”ブーム。
ポルシェやフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーに、多くの小学生男子が夢中になっていた。
なかでも僕が一番好きだったのはポルシェ911シリーズ!

画像








フェラーリやランボルギーニのような美しい流線形ではなく、観ようによってはそのカエルのような風貌が少しコミカルな面構え、だけどこれがカッコよいのだ。

画像







そしてこの後ろ姿、これがまたカッコいいのである。
前面以上の美しさだと思う。

いつかはポルシェ!!

そんな小学生時代からの夢は、全くもって叶う余地はないけど。。


ポルシェどころか、今までずっと安い国産車ばかり乗ってきた。
前の車は10年。
その前の車も10年。
素晴らしいことだが、10年乗っても大した問題なく車は走り続ける。
今の車も7年以上乗ってる。
また10年行くのか?
大切に使ってるわけではない。
買い替えるお金がないだけ。
それにただの移動の手段である。
お酒飲みたいから、遊びに行くときは乗らないし。
ほんと手段でしかない。
でも、”いつかはポルシェ”という夢は忘れたふりしてるけど、まだしっかり僕の心の隅にとどまっている。

僕と同じ世代の男性だと、けっこう車に関しては色々思うところのある人が多いんじゃないだろうか。
何しろ僕たちが若いころは車を持ってないと女性がデートに応じてくれなかった時代である。
これは大げさではなくホントの話。
ドライヴ・デートが基本だった。
しかも当時の若い女の人は車について結構詳しく、乗ってる車で男の値踏みをしていた。
そんな時代なので少なくとも車種に関係なく車を持ってるということは、最低条件だった。
いや、もちろん全ての女性がそうだったとは言わないけど、基本的にはそんな時代だったのである。

そんな時代に少しヒットした、サミー・ヘイガーのの曲が当時好きだった。
ミュージック・ビデオも含めて。



けして僕は走り屋ではないけど。
前述のように、運転はそんなに好きじゃないし。
しかし世の中上手いこと出来ていて、これまで付き合ってきた女性はなぜか運転の得意な人が多かった。
組合せって重要だ。


それはさておき『サーキットの狼』だが、ポルシェ好きな僕は、主人公の風吹裕矢より当然ながら早瀬左近(ポルシェに乗っていた)が好きだった。

サーキットの狼 コミック 全19巻完結セット (MCCコミックス)サーキットの狼 コミック 全19巻完結セット (MCCコミックス)
池沢 さとし

マインドカルチャーセンター 1998-02-01
売り上げランキング : 155082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『サーキットの狼』で風吹祐矢と早瀬左近がそれぞれポルシェに乗って走るエピソードがあるのだが、ポルシェ好きにはたまらないシチュエーションだったのを今も覚えている。
作者の池沢さとしが描くポルシェがまたとても美しいのだ。
懐かしいな〜


おぎやはぎの愛車遍歴公式サイト





今でも街中でポルシェを観かけた時は胸が熱くなってしまう。


au WALLET Market



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おぎやはぎの愛車遍歴 〜いつかはポルシェ 名盤!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる