名盤!

アクセスカウンタ

zoom RSS ホイットニー・ヒューストン 『オールウェイズ・ラヴ・ユー』

<<   作成日時 : 2018/01/08 16:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2018年になりました。
どうか皆様今年もよろしくお願い致します。

さて今年最初に書いてみようと思うのがホイットニー・ヒューストンの2012年にリリースされたベスト・アルバム。

オールウェイズ・ラヴ・ユー~ベスト・オブ・ホイットニー・ヒューストン(デラックス・エディション)オールウェイズ・ラヴ・ユー~ベスト・オブ・ホイットニー・ヒューストン(デラックス・エディション)
ホイットニー・ヒューストン R.ケリー フェイス・エヴァンス アレサ・フランクリン シーシー・ワイナンズ ケリー・プライス

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2012-12-25
売り上げランキング : 33629

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何気に音楽聴こうかなと思い、アップル・ミュージックのR&B/ソウルのアルバム・ランキングを開いてみた。
いつも思うことだが、オリコンなどのCDランキングと違い、ストリーミングのランキングというのは実にタイムレスである。
随分前に発売されたものでも、多くの人に聴かれていれば当然ランキングの上位に位置する。
少し前までは、僕らの時代と違い今の若い人は過去にさかのぼって音楽聴かないな〜、
とオッサン丸出しの考えをしていたのだが、ストリーミング全盛になると以前以上に自然と過去の音楽に接する機会が得やすくなっているようだ。

画像画像




















10位にはアース・ウィンド&ファイアがあったりもする。


というわけで、久しぶりにホイットニー・ヒューストンを聴こうと思った次第である。

彼女がデビューしたのは確か僕が大学生の頃だったと思う。
輸入盤店で1stアルバム(もちろん当時はLPレコード)を購入してよく聴いていた。

そよ風の贈りものそよ風の贈りもの
ホイットニー・ヒューストン

SMJ 2013-07-23
売り上げランキング : 3239

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


輸入盤のジャケットはコレだった




当時から音楽ファンの間では大人気だったが、日本で一般的にも有名になったのはなんたって、あの『ボディーガード』。




サントラ盤、それはそれは売れた。
飛ぶように売れるとは、まさにあのこと。
当時CD店で働いていた僕は、何度あのアルバムを追加注文したことか。
なので、今でも商品番号を覚えていたりする。
BVCA‐152
それが『ボディガード』サントラ盤の品番。
あの頃はPCからのオンライン注文になる直前だったので、電話注文がメインだった(FAXもあったけど)。
何度電話口で、その品番を口にしただろう。

The Bodyguard: Original Soundtrack AlbumThe Bodyguard: Original Soundtrack Album
OST

ARIST 1992-11-17
売り上げランキング : 29241

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昨年は未発表音源も収録した『ボディーガード』の25周年記念盤というのが発売された。

愛よ永遠に〜ボディガード25周年記念盤愛よ永遠に〜ボディガード25周年記念盤
ホイットニー・ヒューストン

SMJ 2017-12-05
売り上げランキング : 5050

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





彼女が亡くなったのは2012年。
ロサンゼルス郡検視局の発表によると、死因はアテローム硬化性心疾患と、コカインの摂取によるものだとのこと。
それ以前から薬物摂取については何度も報じられていたホイットニーだが、これはとても残念なニュースだった。
音楽シーンと薬物という何十年も前からの親密な関係は、今も変わらず多くの才能を奪い続けている。
薬物が手に入りやすい環境、大きなプレッシャー、パーティー・ライフ、様々な要因があるんだろうけど、音楽ファンとしてこういうのはとても悲しいこと。

薬物といえばロック・ファンならすぐに思い浮かべるのがキース・リチャーズではないかと思う。
そんな彼は70歳を超えてもいまだ元気に現役のアーティストとしてワールド・ツアーに飛び回っている。
その事実が、薬物のハードルを低くしている要因のひとつではないかと思っている。
でもきっと彼は、限りなく例外なんだろう。
全てにおいて例外なのだよ、きっとあの人は。

それはともかく、久しぶりにじっくり聴いたホイットニー、凄く良い!

一度ライヴ観てみたかったな〜

まだまだ現役で活躍できる年齢だったので、とても残念です。
でも音楽は残る。
こうして今でも彼女の音楽は聴かれ続ける、そして聴く人を幸せな気持ちにさせる。

今更ながらに、音楽って素晴らしいなと思う。


今年も色んな音楽を聴きながら、出来る限り楽しく暮らしていきたいな。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今年もよろしくお願いします。

私は、ホイットニーというとボビー・ブラウンといえばニュージャックスウィング、からのテディ・ライリー、GUY、そしてワシントンGOGOという感じで辿ってしまいます。
今年はもう少し邦楽を聞いていこうかなと思っていたら、グリムスパンキーとトリプルファイアーがラジオで紹介されて気になっています。
ジャム
2018/01/10 08:45
ジャムさん

こちらこそ、よろしくお願いします。

ニュー・ジャック・スウィング流行りましたね〜
邦楽、今僕が気になってるのは長渕剛の息子なんですよ。
彼、かなり良いです。
多分売れると思います。
名盤!
2018/01/15 15:24
邦楽は最近LAMP IN TERRENとLarge House Satisfactionに注目してます
前者は良くできたBUMPフォロワーで後者はたぶんミッシェル系で結構パワーがあって面白いです
https://www.youtube.com/watch?v=BZU7QlCeLM0
akakad
URL
2018/01/15 22:56
akakadさん

リンク先飛んで聴いてみました。
なかなかカッコよいですね。
初めて聴きました。
今年も色々と新しい発見があればと思います。
名盤!
2018/01/21 15:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホイットニー・ヒューストン 『オールウェイズ・ラヴ・ユー』 名盤!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる