名盤!

アクセスカウンタ

楽天チケット

zoom RSS 西野カナ 『Just LOVE』

<<   作成日時 : 2016/08/21 20:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

昨日はサマソニで、世界を憂うトム・ヨーク(レディオヘッド)を堪能しましたが(レディオヘッドはやっぱり別格だと再認識した)、今日は世界を肯定的にとらえる西野カナについて。
(サマソニについては次回レディオヘッドを中心に書くつもりです)

西野カナが若い女の子たちに人気があるのはずっと前から知っていたのだけど、以前は僕とは全然違う世界だなと思っていた。
正直全く興味が持てなかったし、理解もできなかった。
そもそも僕みたいな人を対象にして歌ってるわけではないのだろうとも思っていたし。
しかしある日ラジオから流れてきた「トリセツ」を聴いて、
コレ良いな、思ってしまった。
若い女の子に人気があるのも当然だなとも思えた。



この歌を身勝手な女の歌だ、なんて思ってはいけない。
こういうことを思うこともある、女の歌なのです。
男も女も色んなことを感じ考え生きています。
時には同じ人間なのに全く正反対のことを考えることもあります。
それこそが人間なんだと思うのです。
一方向でしか物事を考えられない人は、ある意味危険だともいえます。
「トリセツ」は、女の子のカワイイ、そして正直な一面をキャッチーなメロディで描いた素敵なポップソングだと思います。




Just LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)Just LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)
西野カナ

SME 2016-07-13
売り上げランキング : 43

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


西野カナの歌の世界が若い女の子たちのリアルな日常を描いてるかどうかは、49歳の僕には正直よく分からないし、同じ年代の女の子といっても人それぞれなのだと思う。
ただ、リアルであろうが、フィクションであろうが、多くの女の子たちが彼女の歌に共感している。
そんな現実の中、よく分からないものを大人の音楽ファンがしたり顔でバカにしているのって(以前の僕はその一人)、ピント外れの言動を繰り返す森喜朗みたいで嫌だなと思っている。

単純に好みはあるけれど、世界は、そして世界の捉え方はたくさんあるのだということ。
(少し大げさに話を展開中!)
今起こっている地球上での紛争は、画一的な世界の捉え方が大きな原因だと僕は思っている。







なかなか良いアルバムだと思いますよ、これ。

トム・ヨークの世界観が素晴らしくて、西野カナの世界観がそれ比べ劣っているなんてことは絶対ないと思う。
音楽的にレディオヘッドは素晴らしく大好きだが、それとこれとはまた別の話なのだ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
名盤さん
こんばんは。

西野カナ。
僕もダーリン辺りから印象が変わり、
いいかも。と思い始めました。
歌詞も変わってきたのかな❓
運命の人がいるのならを聴いて、やっぱりいいやん。と想いトリセツ、あなたの好きなところと来てアルバム。
この路線でまとまりのあるアルバムであり聴きやすい久しぶりにJ-POPの傑作を聞きました。

ロックが好き。アレクサンドロスもかっこいいしストーンズもかっこいいしオザケンもミスチルも好き。
でも、西野カナも好き。
これでいいんではないかな。
音楽が好き。
仮面ライダー
2016/08/21 21:52
仮面ライダーさん

どうも、こんばんは。

ジャンルや印象だけで聴かず嫌いをしていると、いい音楽との出会いを失ってしまうので、そうはならないようにしたいと思っています。
また出来るだけ若い才能には目配せしてたいなとも思っています。
名盤!
2016/08/22 19:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
西野カナ 『Just LOVE』 名盤!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる